ベーシスト真船勝博(マフマフ)のblog。
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXXやFLOWER FLOWERなど。
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
<< アラフォー | main | モーターショーとキャンギャル。 >>
昨年11月頃を思い出してみる。
撮りためた写真に対して、適当な事をつぶやく、中身のないブログ。

どうしても、時間を持て余している方のみ、閲覧下さいm(_ _)m


去年の11月編。







新大久保の某お店。別に隠したいから「某」をつけている訳ではなく、
お店の名前を覚えてないので、「某」をつけてみた、っていう。

ね、ホンマに適当でしょ。

新大久保も確かに美味しいけど、大阪は鶴橋と言う、一歩足を踏み入れると
そこは異国の地で生まれ育った僕としましては、鶴橋を俄然プッシュします。

値段、量、味、異国情緒、おばちゃんのパンチパーマ具合等、
全てが最高です。

是非、みなさま、鶴橋へ。






STUDIO APARTMENTのREC。
TRFの「Overnight Sensation」を本人ボーカルでリアレンジ。

高校生の頃、めちゃめちゃヒットした曲。それのレコーディングに参加できて感謝。
当時の音源のベースラインとは違って、もっと黒っぽく、とのスタアパ森田くんのご通達。

誰がどう見ても色白の僕ですが、頑張って(脳内)黒人になり切ってみました。


手前味噌ながら、めっさファンキーな出来になりました。
聴いてみてくださいー。

PS 使用ベースは左のalleva coppoloではなく、右のfender プレベ'73です。








で、記念に3人で。左から森田昌典氏、小泉元総理、阿部登氏。








一部界隈で、チャラpadと呼ばれているipad2を入手。

確かにチャラい!!!







JZ BRATにて Arvin Homa Ayaちゃんのライブ。

この頃、不注意で右手中指の付け根の筋を痛めてしまい、痛み止めを
飲みながらのライブ。。

金本氏が腕を骨折しながらも、腕一本でヒットを打った映像を
思い出しながらの、入魂のライブ。

金本さん、ありがとう!!







我が家手作りの甘酒。








新百合ケ丘のChit ChatにてFIB JOURNALのライブ。

最近のFIB JOURNALのライブの傾向として上げられるのが、
アンコールでアッパーな曲を3曲ほどやらないとステージから
降ろしてくれない所か(苦笑)

指が持ちませんーー。







チャットモンチーの求愛ツアー@仙台ZEPPの楽屋にて。

SAX武嶋氏が、仙台行きの新幹線に乗り込んだと思ったら、
まさかの長野駅に到着したという、EGO-WRAPPIN'の歴史に
新しい1ページを刻んだ、貴重な日。

反省の意をこめて、メンバーのシャツのアイロンがけを。


皆様も、仙台に行くときは十分お気をつけください。







リハ後、時間が余ったのでZEPP仙台近くにあるヨドバシカメラへ。

個人的に興味があったSONYのHMZ-T1を視聴。

これはホンマに凄いですよ。

ふれこみにある、映画館クラスとまではいかないもの、目の前に
3Dの映像がドカーンと広がります。

左目右目、別々のモニターが合って3Dを構築するので、3Dテレビとかで
ありがちなクロストーク感がなく、非常にリアルな3Dが楽しめます。

現在も非常に品薄で予約しないと買えません。


倦怠期気味のカップルにはあまりオススメできない商品です。









ハナレグミ@大阪BIG CATにて。

このツアーの意義は何と言っても、タカシくんがギターを弾きまくる所やったかと。
ボーカリストとしても最高ですが、ギターリストとしても最高です。








色々ツアーやリハとかが重なって疲れがたまってくると無性にカレーを
作りたくなります。








みじん切りのタマネギを1時間程焦がさないように、ひたすら炒めると
こんな奇麗な飴色に。






そこに各種スパイスやヨーグルト、ニンニク、人参、ショウガのすりおろした物、
具材、鶏肉などを入れ煮る事1時間。完成です。

ルーを使わなくても立派にカレーができるのを知ってから、カレー作りに
はまってしまいました。



でもココイチは別格です。








ハナレグミ@恵比寿リキッドルームのケータリング。

ケータリングに対してもの凄いこだわりがある、ハナレグミの現場。
このお弁当もホンマ美味。







この日はタカシくんの誕生日。ケーキに大しても物凄いこだわりよう。

とりあえず、でかいし、重たい!!

ステージに運んで来たレキシさんが、ケーキの予想外の重さに
必死の形相だったのが印象的。







ハナレグミ リキッドルーム後の打ち上げにて、ドラム玉田豊夢くんと。

天パー、メガネ、ヒゲのリズム隊でした。








翌日、朝から羽田空港に向かい、いざ広島のクアトロへ。

羽田空港で大量の荷物と楽器を持参して、マネジャーを待っていたら、

この大量の荷物に全く気づかず、まさかの横を通り過ぎる事態に。

喫煙所を探すのに必死やったそうで。。







男のロマンがつまった、東京モーターショー!!








フォルクスワーゲンの電気自動車。








そして、キャンギャル。電気なしでも、もちろん動きます。




| 日々の日記 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック